ワークショップ

絵本屋.comでは行政、法人対象のワークショップ(講演会・セミナー・イベント)を実施しております。

絵本屋.comが8年間取り組んで参りました電子書籍絵本市場創造から得た、産業分野とクリエイティブ分野にとって有用なノウハウをビジネスセミナー形式と講演会形式で実施致します(有料)

 

ビジネスセミナーではこれから絶対に必要となるビジネススキルであるゼロからイチを創り出す力、『クリエイティブスキル』と、その価値を最大化していくために必要となる『アウトプットスキル』の実践的ノウハウをまとめています。この2つのスキルを身につけるには並大抵の修練では難しいため、本ビジネスセミナーではそのマインドセットをして頂き、各々のアクションに繋げて頂くことを目的に開催したく考えています。

 

次に講演会は絵本作家、物書きを目指す方を対象に絞り込み、出版業界の可能性について講師の確かな実績を基に、成功の秘訣を伝授します。

 

このようなセミナー、講演会のコンテンツを導入して頂き、お考えの利益創出に合致させて頂ければ幸いです。

<講師紹介>

 

サトウヒロシ

絵本作家 万年筆画家

 

京都市出身、東京都在住。1978年生まれ。神戸大学卒業。

2015年11月より毎月1本の電子書籍絵本を創作し、連続8作品を手掛けるほど創作意欲、技術は高く、そのどの作品もが人気を獲得している。「僕は父になりました」は韓国、台湾でも発行済み。

 

万年筆インクを活用した作画スタイルを確立。

 

代表作「明日死ぬかもしれないから今お伝えします」は「Kindleストア売れ筋絵本ランキング第1位」を3ヶ月連続獲得し、「Kindleストアの売れ筋本ランキング総合2位」までも獲得。大人向け絵本の最前線に。

 

NHK「美の壺」、MBS「ちちんぷいぷい」に万年筆画家、絵本作家として出演。月刊PHP増刊号にて2度、短編絵本を寄稿し好評を博している。

 

「大きな鞄」「偽物の明日を書きました。」京都の有名文具店TAGとコラボし、自身の万年筆インク「弁柄色」も手掛けている。

 

エイ出版社「趣味の文具箱」取材多数。有名百貨店、雑貨店、文具店、画材店などで万年筆画家としてのワークショップ実績多数。

現在、大手出版社から注目を集める。何もないところから挑戦し、圧倒的かつ継続的なアウトプットを武器に絵本市場で台頭することに成功。

<ビジネスセミナー>

 

題目:「ヒロシ40〜もしも絵本作家をめざす四十男が起業家だったなら〜」

副題:クリエイティブビジネスアントレプレナーになる方法

対象:独立希望のクリエイター、起業家志望者、新規事業模索事業者

企画:絵本屋.com

講師:サトウヒロシ

要点:クリエイター、起業家が成功するための方法論の訴求、啓蒙

時間:90分間

構成:

(1)自己紹介[・プロフィール/実績リスト・現在のロードマップと現在地]

(2)クリエイティブビジネスアントレプレナーという言葉との出会い〜起業家マインドを作家活動に導入した経緯〜

(3)[失敗事例集]モノ作りの方法論を徹底的に見直しました〜顧客満足が低いクリエイターに欠けていること

(4)クリエイターが独立、成功するために必要なこと

(5)絵本作家・万年筆画家サトウヒロシの実践紹介

(6)クリエイティブビジネスアントレプレナーとは

(7)まとめ〜これからの時代(AI&ロボット時代)に中心産業となるクリエイティブビジネスについて〜

 

題目:「自己価値を周囲に認識させるための『最小限』のアウトプットメソッド」

対象:ビジネスマン全般

企画:絵本屋.com

講師:サトウヒロシ

要点:インプットデータをアウトプットし、成果を上げるための具体的な方法の訴求、啓蒙

時間:90分間

構成:

(1)自己紹介[プロフィール/実績リスト・現在のロードマップと現在地・最小限のアウトプットとは]

(2)アウトプットはあなたを作ります

(a)アウトプットによる他者のイメージ構築

(b)「最小限」のアウトプットとは〜サトウヒロシのアウトプット事例〜

(c)実例から見えるアウトプットの効果

(d)アウトプットの発信先とその実例と相性

(3)アウトプットから考えるインプットの内容

(a)インプットとアウトプットの関係

(b)インプットもコスト

(c)インプットはアウトプットから逆算して考える

(4)アウトプットと目標管理及び達成の関係性

(a)フォロワー数や閲覧数だけではない、アウトプット効果

(b)アウトプットメディアは少しずつ増やしていく

(c)メインのアウトプットは「継続」が最も大切

(5)今日からできるインプット&アウトプット方法

(a)迷えるメディア選択、最初のアウトプットは何を選ぶ?(チェックシート)

(b)おススメのアウトプット方法と必須アイテム

 

 

 

<講演会>

 

題目:「これからの絵本作家の在り方」

対象::絵本作家志望者、絵本愛好家、文化教養需要者

企画:絵本屋.com

講師:サトウヒロシ

要点:従来の絵本作家、絵本市場とこれからの絵本作家、絵本市場の差異にみる絵本作家の可能性の訴求、啓蒙

時間:60分間

構成:

(1)自己紹介&「僕はこうして絵本作家になりました」

(2)サトウ感じる絵本の魅力

(3)今の絵本作家のあり方と難しさ

(4)これからの絵本作家になるために

(5)可能性は無限大、絵本にできること

(6)これからサトウが目指すもの

題目:「アマゾンキンドルベストセラー作品の作り方」

対象:作家、作家志望者など

企画:絵本屋.com

講師:サトウヒロシ

要点:作家としてのアウトプット力の訴求、啓蒙

参時間:60分間

構成:

(1)自己紹介&如何にして絵本作家に成り得たか

(2)アマゾンキンドルベストセラー作品「明日死ぬかもしれないから今お伝えします」誕生秘話

(3)こうして「明日今」はヒットしました。

(4)絵本作家としての新しい取り組み

(5)アマゾンキンドルストアでベストセラーになるためのポイントまとめ