​絵本紹介

​アマゾンキンドルストア売れ筋絵本ランキング第1位獲得作品多数。毎月2、3作品を皆様へお届けします。

万年筆画 絵巻 レノン40
万年筆画 絵巻 レノン40

その日デキる大人、レノン(40歳)はビアンカとのデートを控えていた。 入念に準備を整えているレノンの元へ一通の依頼メールが届く。 「まさか…誘拐か?」事件の臭いを感じたレノンは捜索を開始する。 果たしてレノンは事件を解決できるのか。デートに間に合うのか。 万年筆画による独特の色彩と世界観で描かれる、大人のためのハードボイルド冒険ロマン絵本。

press to zoom
万年筆画 絵巻 レノン40 Gls.02 デキる大人のクリスマス
万年筆画 絵巻 レノン40 Gls.02 デキる大人のクリスマス

もうすぐクリスマス。イブの夜は大切な一人の女性と過ごすことを決めたレノンが、美女を口説き落とすために真剣勝負を挑む。デキる大人、レノン(40歳)は果たしてどのような聖夜を迎えるのか? 万年筆画による独特の色彩と世界観で描かれる、大人のためのハードボイルド冒険ロマン絵本。

press to zoom
万年筆画 絵巻 レノン40 Gls.03 マイ・フェア・リトル・レディ
万年筆画 絵巻 レノン40 Gls.03 マイ・フェア・リトル・レディ

好きになった年上の男性に気持ちを伝えたい。依頼人の少女、カテリーヌの相談にデキる大人レノン(40歳)は「レノン流 恋のアプローチ」を指南する。 果たしてカテリーヌは想いを伝えることができるのか。 万年筆画による独特の色彩と世界観で描かれる、大人のためのハードボイルド冒険ロマン絵本。

press to zoom
万年筆画 絵巻 レノン40 Gls.04 レッツ・プレイ・ミーティング
万年筆画 絵巻 レノン40 Gls.04 レッツ・プレイ・ミーティング

キミたち、仕事は好きかな? 仕事は人生にとって非常に重要なものだ。 1日の大半を仕事で過ごすのだから、楽しまないのは全くの損だ。 さて、「会議室」は今日も賑わっている。 会議を楽しむ方法を知ってるかい? デキる大人 レノン(40歳)がその極意を教えてあげよう。 万年筆画による独特の色彩と世界観で描かれる、大人のためのハードボイルド冒険ロマン絵本。

press to zoom
万年筆画 絵巻 レノン40 Gls.05 ハニー・トラップ
万年筆画 絵巻 レノン40 Gls.05 ハニー・トラップ

人間の想像力は無限の可能性を秘めている。 そう、そこでは誰もが自由だ。 大好きな夢を見るといい。 ちなみに僕は美女がこの上なく好きだ。 デキる大人 レノン(40歳)がその見本を見せてあげよう。 万年筆画による独特の色彩と世界観で描かれる、大人のためのハードボイルド冒険ロマン絵本。

press to zoom
万年筆画 絵巻 レノン40 Gls.06 マンマ・ミーア
万年筆画 絵巻 レノン40 Gls.06 マンマ・ミーア

その日、レノン(40歳)の元に母が訪れる。 厳格な彼女に自由奔放な今の自分を見せたくないレノンは覚悟を決め、デキる大人を演じることに。 果たして久方ぶりの親子の対面は無事に終えるのか?

press to zoom
明日死ぬかもしれないから今お伝えします
明日死ぬかもしれないから今お伝えします

「あなたの命、頂戴します」と、突然目の前に現れたのは死神だった。 死の宣告を受けた男が、長年連れ添った妻に一通の手紙を書く。 想いを言葉にしていく過程で、男は愛する人の尊さに気付きはじめる。 「レノン40」シリーズで、大人向けコメディを描く絵本作家サトウヒロシが、「夫婦愛」をテーマに描いた感動作。 万年筆インクの独特の風合いと色彩が、本書の世界観をさらに引き立てる。

press to zoom
僕は父になりました
僕は父になりました

子供が生まれ、これまでの生活が一変したにも関わらず僕の心は満たされていた。 どうやら僕は、父親になってしまったのだな。 そんな僕が今、子に願うことは? 「明日死ぬかもしれないから今お伝えします」で夫婦愛を描いたサトウヒロシが今度は「父子愛」に挑戦。 万年筆インクの暖かい絵柄と優しい言葉が読者を包み込む。

press to zoom
ぼくになにができるだろう?
ぼくになにができるだろう?

ひとりの少年が成長していく過程で、様々な出来事に遭遇し「自分にできること」を探していく物語。 大人になっていく主人公は、役割、出会い、別れ、環境、仕事など、その時々の課題と向き合うたびに自分に問いかけ、やがて答えにたどり着く。 可能な限り省かれ洗練された言葉と絵が、想像力をかきたてこの物語を読者のものにする。 絵本作家・サトウヒロシの原風景であり、処女作。

press to zoom
どうか幸せになって
どうか幸せになって

図書館の書庫の中で、ある若い職員が一冊のボロボロの本を見つけ捨てようとしたところ、高齢の職員に止められる。 「昔、この言葉に助けられたんだ。」と言って、高齢の職員が開いたその本の最後のページには手書きで『どうか幸せになって』と書かれていた。 またある時、その本を持って若い職員が図書館の中を歩いていると、一人の女性に声をかけられる。彼女もまた、その本に助けられた一人だった。 その本は、90年前にある作家が娘への願いを込めて描いた本だった。

press to zoom
ゆめみたことがすべてのはじまり
ゆめみたことがすべてのはじまり

みる夢を持たない二人の少年少女が『ゆめをかなえるまほうのほん』を拾ったことで、夢を持ち、その夢に向かって奮闘する可笑しな日々と、夢をきっかけに二人が得た大切なものを描いた物語。 この絵本は、FMHOT839(エフエムさがみ)で毎週月曜21:00から放送中のラジオ番組『テイクハートタイム』の中で、2017年3月6日より連載予定のラジオドラマ「君とみる夢(仮タイトル)」(ホラーミステリー)の鍵となる絵本でもある。

press to zoom
君とみる夢  第一章 ずっと一緒にいた、知らない場所
君とみる夢  第一章 ずっと一緒にいた、知らない場所

月に照らされた洞窟の中にいるその少女には、記憶がなかった。 そばにいた青年によると、少女はずっと青年と一緒にいて、 二人で夢を叶えようとしていたのだという。 少女は青年と共に行動していく中で、徐々に不気味な違和感を感じていく。 この絵本は、FMHOT839(エフエムさがみ)で毎週月曜21時から放送中のラジオ番組『テイクハートタイム』で連載中のラジオドラマを、原作者が「観る小説」として絵本化したものであり、同作者の『ゆめみたことがすべてのはじまり』との深い繋がりが隠れている。

press to zoom
君とみる夢  第二章 君に捧ぐ
君とみる夢  第二章 君に捧ぐ

小さな島に、記憶を失くした律子という少女と、その少女と島を出るという夢を叶えようとしてきた一太という青年がいた。 そして二人は、律子に「彼と一緒にこの島を出てはいけない」とささやく真っ黒な人影に出会った。 律子は、その人影と自分が記憶が失ったこととは、何か関係があるのではないかと考えるが……。 この絵本は、FMHOT839(エフエムさがみ)で毎週月曜21時から放送中のラジオ番組『テイクハートタイム』で連載した、同作者脚本のラジオドラマを絵本化したものである。

press to zoom
君とみる夢  第三章 疑惑
君とみる夢  第三章 疑惑

小さな島に、記憶を失くした律子という少女と、その少女と島を出るという夢を叶えようとしてきた一太という青年がいた。 二人は、行く先々で律子に「彼と一緒にこの島を出てはいけない」とささやく真っ黒な人影に出会う。 そして人影に腕を掴まれて蘇った律子の記憶の断片は、一太に聞いたものとは矛盾するものだった。 この絵本は、FMHOT839(エフエムさがみ)で毎週月曜21時から放送中のラジオ番組『テイクハートタイム』で連載した、同作者脚本のラジオドラマを絵本化したものである。

press to zoom
君とみる夢  最終章 罪と罰
君とみる夢  最終章 罪と罰

小さな島に、記憶を失くした律子という少女と、その少女と島を出るという夢を叶えようとしてきた一太という青年がいた。 二人は、行く先々で律子に「彼と一緒にこの島を出てはいけない」とささやく真っ黒な人影に出会う。律子は一太に不信感を抱く中、光に照らされた一太の足元を見て恐怖した。一太の足元には、影がなかったのだ。 この絵本は、FMHOT839(エフエムさがみ)で毎週月曜21時から放送中のラジオ番組『テイクハートタイム』で連載した、同作者脚本のラジオドラマを絵本化したものである。

press to zoom